西日本豪雨により被災した家屋の解体【倉敷市真備町】

2018年11月12日

今年の7月に起きた自然災害(西日本豪雨)にて被災した真備町の家屋解体です。

記録的豪雨にて河川が氾濫し建物の2階まで浸水した地域もあり、真備町は各所で現在復興作業を行っております。

これからご紹介させて頂く家屋は先日解体工事を完了致しました。

まずは内装解体を行い、石膏ボード・断熱材・ガラス・廃プラスチック等を取り除きます。

周囲に飛散しないように養生足場を組んでから家屋の解体に移ります。

すべての搬出作業が完了すると整地・仕上げを行います。

復興にはまだまだ時間が必要となります。

岡山解体名人も真備町の復興に向け、微力ながらも精一杯携り、1日でも早く復興できるように頑張って参りますので、お困り事等がございましたらお気軽にご相談くださいませ。

工事保険加入済み
全て直施工
岡山解体名人
TEL:0120-946-724
ご相談お問い合わせはこちら
このページのトップへ