解体工事の流れ

Step 1ご相談・無料お見積依頼

こんなことでお困りではありませんか?

  • 家を建て替えるため、今の家を解体したい。
  • 実家を相続したが誰も住む人がいない。
  • 長年放置していた実家を「何とかしてほしい」と苦情を言われている。

解体工事のお見積り・ご相談はこちら
flow-ya

Step 2現地調査・お見積り

「岡山解体名人」のスタッフが解体家屋の現地を訪れ調査を行います。建物の規模、構造、建物内部の残置物を確認します。近隣の住居の状況、隣家との距離も確認します。また、解体した資材の搬出する道路状況もチェックします。そのほかお客様のご要望をお伺いし解体作業料金のお見積りを行います。

家屋解体の事前調査
家屋解体の事前調査
家屋解体の事前調査

flow-ya

Step 3ご契約・作業日程の打ち合わせ

「岡山解体名人」のスタッフがご訪問し、お見積書を提出し、作業内容について詳しく説明させていただきます。内容をご確認・納得いただいた後、正式にご契約となります。契約後は、県又は市町村に必要な届け出を行います。

flow-ya

Step 4現場の解体養生

解体作業を行う際には粉塵、騒音など近隣に住まわれる方に迷惑がかからないよう現場をしっかり囲む「解体養生」を行います。「岡山解体名人」では解体養生に関しましては自社で行いません。なぜなら鳶工事には専門の経験や知識そして許可が必要であり、いい加減な技術や施工であると隣接地の方などにも一番迷惑がかかることになります。ですから「解体養生」専門の会社の方に行って頂いております。

現場の解体養生
現場の解体養生
現場の解体養生

flow-ya

Step 5現場の供養

現場の供養解体する家屋にはそこに住まわれていた方々の多くの想い出や思い入れが詰まっています。また、庭先の木々や草花には生命が宿っています。家屋の解体作業は、「解体」「分別」「仕分け」「搬出」という無機質な作業になりがちです。そんな家屋解体作業であるからこそ「岡山解体名人」では作業前にはその作業現場をしっかり供養させていただき解体される家屋や敷地に対して敬意を払い作業に取り掛からせていただいています。

flow-ya

Step 6不用品回収・残置物撤去

解体現場の建物内に不用品が残されていた場合はすべて撤去します。不用品はリユース可能なものがあれば買い取ります。また廃棄処分する不用品もしっかり分別し適切に処分します。また、例えばご両親が住まわれていた実家の解体などの場合、貴重品や思い出の品が多く遺されています。お客様のご要望によりそれらの貴重な品もしっかり捜索しお客様にお渡ししております。

不用品回収・残置物撤去
不用品回収・残置物撤去
不用品回収・残置物撤去

flow-ya

Step 7内装解体・家屋の瓦おろし

建物本体の解体工事を行う前に内装の解体工事を行います。石膏ボードや断熱材を丁寧に取り外します、ガラスやサッシも分別します。畳を撤去し配線配管の類も手作業で取り除けるものは取り除きしっかり分別します。家屋の解体というと重機で一気に壊すイメージがあるかと思いますが、解体したものもしっかり分別する必要がありますのでひとつひとつ分類しながら解体していきます。

内装解体・家屋の瓦おろし
内装解体・家屋の瓦おろし
内装解体・家屋の瓦おろし

flow-ya

Step 8重機による解体

内装の解体が終わり解体した資材を搬出した建物を重機を使って解体していきます。重機を使った解体は大量の埃や粉じんが舞いますので水をまきながらの作業となります。重機を使った解体作業は騒音が出ますので周辺住民への配慮をしっかり行います。

重機による解体
重機による解体
重機による解体

flow-ya

Step 9廃棄物の分別・仕分け・運搬・処分

廃棄物を木・モルタル・タイル・鉄・アルミ・廃プラスチック等に分別し産業廃棄物処理業者へ運搬します!分別は手作業で手間がかかりますが、鉄、アルミなど買取可能な資材をしっかり分別することで廃棄物の処理費を削減することができます。分別した廃材はそれぞれの処理場に運搬し、買取可能な資材はそれぞれの買取り業者に持ち込み適切に処理いたします。

廃棄物の分別・仕分け・運搬・処分
廃棄物の分別・仕分け・運搬・処分
廃棄物の分別・仕分け・運搬・処分

flow-ya

Step 10基礎の解体・整地

建物を解体し廃棄物を搬出した後、建物の基礎部分の解体を行います。建物の下の地中には配管や浄化槽などの設備が残っている場合もありますのでそれらもすべて撤去します。地中に埋まっていた資材廃棄物を分別し搬出します。分別後は整地作業。真砂土を敷いて、重機でならしていき細かい個所は手作業でレーキやトンボを使って行います。

基礎の解体・整地
基礎の解体・整地
基礎の解体・整地

flow-ya

Step 11作業完了の確認・お支払い

解体作業現場の確認をしていただきます。確認が終わりましたらご精算となります。ご精算は現金またはお振込で行って頂きます。

flow-ya

Step 12解体作業完了後の手続き等について

空き家の解体など建物を解体した後は更地となる場合には「建物滅失登記」を行う必要があります。建物滅失登記とは、法務局の登記簿から建物がなくなったことを登記することで、建物の解体後1ヵ月以内に行う必要があります。また、市町村によっては空き家の解体を行う場合に補助金が出る場合もあります。その手続きも行いましょう。ご不明な点は「岡山解体名人」スタッフに何なりとお尋ねください。

解体工事のお見積り・ご相談はこちら

工事保険加入済み
全て直施工
岡山解体名人
TEL:0120-946-724
ご相談お問い合わせはこちら
このページのトップへ